医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2017/05/01

オープンデータが都道府県格差を明らかにする

先日の中医協で示された下記グラフ。
出所: 平成29年4月26日(水)中央社会保険医療協議会 総会(第350回)「入院医療(その3)について」

平均点数は医療区分の違いで説明できるのでは?と思ったので、確かめてみた。

上記の中医協のグラフから数値を読み取り(縦軸)、第1回NDBオープンデータの療養病棟入院基本料の算定回数から医療区分の比率を算出した(横軸)。

出所: 上記中医協資料、第1回NDBオープンデータを基に算出

出所: 上記中医協資料、第1回NDBオープンデータを基に算出

関係性はありそうだがはっきりしない。ADL区分や、療養2における100分の95の減算、31日未満の入院者割合、入院基本料以外の診療報酬等々、様々な影響があるので、この結果は仕方ないだろう。

ただ、思った以上にすっきりしない結果で残念。まだ中医協の議事録もないので、どういった意図でこのグラフが示されたのか分からないが、正しい議論がなされているか判断するためにも、こういった都道府県比較を紐解く作業は続けていきたい。

オープンデータはこういった外部検証にも非常に有効であり、さらなる開示を期待したい。

中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省 中央社会保険医療協議会総会審議会資料 |厚生労働省

2017/04/28

「高齢者は乳酸菌飲料が好き」をデータで示す

今日の日経MJにあった「高齢社会の有望市場は?」の記事。コンビニが高齢者シフトしていることが書かれていた。ちょうどよい内容だったので、今日の大学の講義で、この記事に触れてみた。

下記は、記事を参考にデータ分析したもののおまけ。

若者の米離れ。データからも見えてくる。
総務省統計局「平成26年全国消費実態調査結果」を基に、
世帯人員数から1人あたりの支出に換算し比較

そして、高齢者の乳酸菌飲料好き。間違いない! これまで、Nは2しかなかったが、感じていたことが証明できた!? そして、高齢者は自分で買って飲むだけではない。これを孫・子供に飲ませようとする。なかなか興味深いデータではないだろうか。

以下は記事に関連するニュース動画。



2017/04/27

7対1の制度をなくすなら、自分はこうする!

CBnewsに重症度、医療・看護必要度に関する記事を掲載いただいた。

低入院単価3パターンに見る看護必要度対策 - CBnewsマネジメント 低入院単価3パターンに見る看護必要度対策 - CBnewsマネジメント
詳細は記事をお読みいただきたいが、先日の下記のブログは、この記事の分析に関連したデータだった。

一物二価を解消することで見えてくる質の向上 - 医療、福祉に貢献するために 一物二価を解消することで見えてくる質の向上 - 医療、福祉に貢献するために
7対1とそれ以外(10対1等)は違うというデータもCBnewsの記事では示したが、あくまでもマクロに日本の医療を捉えた場合であって、患者単位で見れば、客観的な違いを示すことは困難だと思っている。

先日のブログに書いたとおり、一物二価を解消することを真剣に考えるべきだと思っている。自分が制度設計に携わっていたら、看護配置の基準を撤廃し、DPCのベースの点数(階段状の点数)に、収集した看護必要度のデータに基づいた加点・減点を全国一律で行えば良いと思っている。同時に機能評価係数Ⅰの7対1の係数は廃止。例えば、2型糖尿病の看護必要度はかなり低いのだが、こういった疾患は、階段状の点数が下がる。大腿骨頸部骨折であれば、入院初期は看護必要度がそれなりに高いのでDPCの点数を上げ、一方、入院後期はほぼ看護必要度を満たさないのでDPCの点数を下げる。7対1入院基本料を算定していた分が財源となるのであれば、相当なメリハリをつけることができるのではないだろうか。

このような制度になれば、いかに早く看護必要度を下げることができるか、つまりアウトカムの向上の取り組み自体に、ポジティブになれる。現状は、離床しなければ看護必要度を満たすという制度のため、改定で厳格化すればするほど、離床を早める意欲を削ぐことになりかねない。

どうだろうか、7対1を廃止する案。以前下記のCBnewsの記事でも述べたとおり、7対1を廃止するのであれば、再入院の評価等の仕組みを入れなければならない。

高回転化の促進に必要な再入院率の評価 - CBnewsマネジメント 高回転化の促進に必要な再入院率の評価 - CBnewsマネジメント
あるべき議論はアウトカムを高めるための評価の厳格化であり、限られた財源を抑制するための評価の厳格化ではないはずだ。後者の色が濃くなればなるほど、いたちごっこのように厳格化を免れようとするように感じる。(前者の色が濃いのであれば、看護必要度の厳格化にしても、看護必要度の該当患者割合の高い病院が、いかに他の病院に比べ医療の質が高いかという点にフォーカスがあたるはずである)

・・・とここまで書いたが、一気に7対1の配置要件をなくすと、看護師の確保等について読めず、影響が甚大すぎるので、この案が無理なことは承知している。万が一可能性があるとしたら、25%の基準をやめ、看護必要度の集計結果に応じたDPC点数の調整を行うことだ。これなら混乱も生じにくい。また、看護必要度を満たせない理由で、急に経営悪化することも避けられる。CCPマトリックスの概念に看護必要度を足すのでも構わない。結構、いい案だと思うのだが・・・。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...